英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

《古典落语 100 篇》(节选)日译汉翻译实践报告

论文作者:留学生论文论文属性:硕士毕业论文 thesis登出时间:2021-02-23编辑:vicky点击率:336

论文字数:38585论文编号:org202102040637368277语种:日语 Japanese地区:中国价格:$ 66

关键词:日文毕业论文古典落语信达雅

摘要:本文是一篇日文翻译论文,在本翻译实践中,第一章介绍了目的和意义。第二章介绍翻译过程。他还在《古典落语100席》中进行了说明。

本文主要论述了著作《古典落语100席》的作家、内容。在第三章中,介绍了对“信达雅”翻译理论的解读,并报告了基于“信达雅”翻译标准的实践。以这次翻译实践为契机,笔者更加深刻地反省了这一点,认识到了以下几点。首先在翻译之前必须正确理解原作,明确原作的意义和精神内容。还必须关注中日两国语言特征的差异。我认为如果使用适合中文表达的常用语的话,就可以进行更符合中国读者喜好的翻译。此外,笔者还分析了落语中的“信达雅”。

第一章 はじめに


1.1 翻訳の目的

厳復は『進化と論理』を翻訳し、その中国語翻訳版として『天演論』を発表した。『天演論』の序文である『訳例言』の冒頭において厳復は「信、達、雅」という翻訳基準を提唱した。中国では、「信、達、雅」論を発表した後に新たな翻訳基準を次々と提出する動きも現れたが、まさに「信、達、雅」論は翻訳理論の土台の存在であったようである。近年においても「信、達、雅」に関する論文は数多く発表されており、「信、達、雅」に対する議論は今も果たしている。

日本の江戸時代では商品経済の影響で、町人文化がはやり始めた。そのゆえ、日本の伝統的な芸能、庶民を代表とする落語は発展していた。落語は寄席演芸の一つに属し、滑稽なはなしを身振りを加えて行い、最後に落ちをつけて聞き手の興味をさそう話芸である。大学院在学中、筆者は落語集『古典落語 100 席』の一部を翻訳した。落語は日本の伝統文化として大衆芸能の代表である。しかし、いま落語の翻訳についての検討は決して十分とはいえない、国内の落語に関する翻訳の研究に微力で役を果たすことができると思う。

また、『古典落語 100 席』を翻訳対象として選らだ原因は二つである。第一は、本研究は指導教師を担当する「2017 年度广州市哲学社会科学“十三五”规划青年课题“非遗传承试域下的中日相类曲种对照研究—以单口相声和落语为中心」項目から選定したのである。第二は、いまは中日両国の文化コミュニケーションが盛んになっており、中日文化の異なったことは、落語の伝播の面でから見られる、落語の翻訳は重要になっている。また、落語は無形文化財であり、翻訳を通して中国の読者に日本の伝統的な芸能の魅力を知ってもらうことである。

.....................


1.2 先行研究

本節では、先行研究を紹介する。主に「信達雅」に関する先行研究と落語に関する先行研究を紹介する。

1.2.1「信達雅」に関する先行研究

「信達雅」は厳復に『天演論訳例文』の冒頭において提出した。冒頭の原文は以下のとおりである。「譯事三難信達雅。求其信已大難矣、顧信矣不達、雖譯猶不譯也、則達尚焉」。訳すれば、訳事に三つの難がある。「信」と「達」と「雅」である。「信」を求めることがすでに大難である。しかし、「信」であっても「達」でなければ、訳しても訳とはいえない。いまは「信」とは直訳、「達」とは意訳、「雅」とは修辞である見解もあるが、厳復の論述では、「信」は「修詞立誠、取名深義、爾意義則不背本文」、「達」は「辞達而已、以顕其意」、「雅」は「求其爾雅、刻意求顕」。すなわち、翻訳事業には三つの難事がある。内容に忠実であること、ことばをわかりやすくこと、上品で典雅な文章にすることのみっつである。この翻訳理論は非常に簡単だとられるが、実は完全に達することは極めて難しいのである。

「信達雅」に関する研究については、CNKI で検索する結果により、1980 年以降 2019年までに発表された論文は 548 篇である。 その中で、2000 年以降 2018 年までに発表された修士論文と博士論文は 59 篇である。それから、中国において「信達雅」は翻訳の基準として広く認められ、国内外の多くの学者が研究を行っていることが分かった。

.........................


第二章 翻訳の過程



2.1 事前準備

訳文の質を保障するために、筆者は主に三つの段階を通じて事前準備を行った。まずは、筆者は全体のテキストを読んだ後で、インターネットで立川志の輔についてのビデオや研究文献を通じて、落語家の精髄と落語に共通する特徴を把握する。

立川志の輔は 1954 年生まれで、立川流の代表的な落語家である。大学時代は、落語研究会伝統の「紫紺亭志い朝」を継ぎ、ユーモラスな特徴による古典落語や新編落語の演劇が多い。代表作に、『みどりの窓口』、『はんどたおる』、『ハナコ』、『江戸の夢』、『死神』、『茶の湯』、『芝居の喧嘩』、『井戸の茶碗』、『宿屋の仇討』などがあげられる。2008 年、第 57 回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した。そして、『古典落語 100席』という作品は立川志の輔が 1997 年に書きあげた作品で、滑稽、人情、艶笑、怪談における四つの種類の落語が書かれた。登場する人物が下町の庶民であり、日本の江戸時代における庶民の暮らしと風俗が描出されている。

そして、落語の「落ち」をよく理解することである。筆者は『古典落語 100 席』を読み終わった後、三つの作風や特徴をまとめた。第一は、口語体や方言が多いこと、第二は、平凡な日常生活を描かれ、理解しやすいこと、第三は、中日文化の差異で、「落ち」への理解は難しいがあること。

最後に、「落ち」への理解は難しいがあるため、筆者が何度も原作を読んでも理解できなかった部分が存在する。そのゆえ、中国の読者に落語の文化を伝えるように、筆者は理解しなかった箇所を丁寧に調べ、原文の意味を確認した。

.....................


2.2 翻訳作業

中日両国は近くて遠い隣国同士だと言われる。同じ漢字圏の国としての中国と日本の間には、言語と文化の大きな差異がある。今回の翻訳実践において、そのような言語と文化の差異を超え、魅力に溢れる落語の世界を正確に翻訳することはなかなか難しいようである。中国の読者は落語に関する背景の知識を身につけないが、訳者は日本文化にある特有の語彙を訳する時、必ず工夫しなければならない。本論文が選らんだ研究の素材は 1998 年 10 月 21 日に版発行した立川志の輔の『古典落語 100 席』である。この落語集には八つの部分が含まれている。『現代 SF もびっくりの奇想天外な噺』、『情緒たっぷりの廓噺』、『ほっとする親子噺』、『ま、お座りなさいの奥義指南』、『見習いなさいの夫婦噺』、『喉が鳴り、笑いが吹き出す江戸の味』、『抱腹絶倒の大ボケ噺』、『ろうそくがゆらーりのちょっと怖い噺』である。これらのストーリーは江戸や明治時代の人間の日常会話と人生をめぐり書かれた。事前準備の作業を終え、筆者は翻訳作業を取り組んだ。筆者はこの落語集の 17 篇を訳し検討していく。

本論文は文献研究法と対比分析法を採用している。「信達雅」の理論的な著作を読み、「信達雅」の理論知識を十分に理解したうえで、落語を翻訳する。そして、原文の文体スタイルに適合するように訳文を再編成する。筆者は自分で一回目の校正をした後で、同級生や先生に読んでもらって二回目の校正をした。一回目の訳本と比較することにより、筆者の訳本における「信達雅」を探究し、特定の翻訳戦略をまとめてみる。

............................


第三章 翻訳実践による分析..........论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/2 页首页上一页12下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非