英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

日本在住の中国人妻と日本人夫の権力関係—「快手」アプリから見た国際結婚の親密性

论文作者:留学生论文论文属性:硕士毕业论文 dissertation登出时间:2021-09-14编辑:vicky点击率:60

论文字数:32266论文编号:org202109101101509707语种:日语 Japanese地区:中国价格:$ 44

关键词:日语论文选题

摘要:本文是一篇日语论文选题,本研究以国际婚姻,特别是在日本居住的中国人妻为中心,阐明了她们在异国日本构筑生活空间的情况,以及中国人妻和日本人夫组成的夫妻生活空间中的夫妻权力模式。

本研究以“快手”应用为领域,采用了网络民族杂志这种实地工作的手法,观察了10位中国人妻博主的演唱会,得出了以下结论。首先,中国人妻和日本人夫在经历了包括6个月以上交往在内的恋爱期间后结婚的情侣比较多,也就是说他们是基于爱情来过婚姻生活的。换言之,与以前相亲的国际婚姻相比,近年来中国人妻中的大多数都是在结婚前就在日本工作的,所以和日本丈夫经过恋爱时间后的恋爱结婚变多了。关于第一个结论,他指出,结婚后中国人妻和日本人丈夫也相互尊重,建立起相互支持的亲密关系。另外,随着日本家庭的近代化,现代家庭的情绪机能更加显著,家庭成员之间的感情作为纽带结合在一起,由此,中国人妻在夫妻关系和父子关系这两种关系中起到了感情提供者的作用同时承担家庭情绪生活的核心角色,在家庭生活中表现出越来越重要。

第一章 親密性のある生活家庭


一、経済的な単位から情緒的な単位まで

(一)家庭生活における個人化

近代社会の最大の特徴は個人化であると言われるが、近代化は、結婚に対しても、核家族が共同生活と親密性の単位になったという影響を与えているとされる(山田,2017:28)。結婚の選択という点を例にすれば、個人化によって、日本人夫は配偶者の選択における自主性が次第に強くなり、現地の社会的支持と日本人夫の親族ネットワークが婚姻選択に与える影響力は次第に弱まっていると言うことができる。つまり、配偶者を選ぶのは結婚する者の自由であり、その際の重要なポイントは夫婦の感情にあるのであって、日本人夫の親族との調和はそれほど重要ではなくなったということである。実際に、本研究で観察されたほとんどの中国人妻は、結婚時に夫の家族から結婚を反対されなかったという。例えば、B さんによると、結婚の際、夫の両親は何も言わず、息子である夫の選択を尊重していたという。また、D さんによると、夫の実家が高学歴の家庭であったため、専門学校卒の自分は結婚を反対されるではないかという心配があったが、結局反対されなかったという。これらの事例からも、日本人は、家庭の個人化に伴って、配偶者の選択における自主性を重要視しているということが理解できる。

これまでの研究では、中国人女性が嫁ぐ日本の家庭はほとんど直系家族を対象としていた。特に 1980 年代には、日本の農村部で国際結婚が制度上も家庭内でも伝統的な色彩を呈していた。なぜなら、日本人女性は、農村部での過酷な労働、少ない農業収入、そして夫の両親との同居などの理由で、農村から敬遠されるようになったからであるとされる。この難問を解決するためには、外国から引き入れた女性を農村の花嫁とするしか方法がなかったのである。これによって、日本の農村部の男性は国際結婚を迫られることとなった。そのような、当時の伝統的な制度家庭、すなわち家族成員が宗族制度と経済利益と血縁によって結ばれる家庭において、中国人妻は、家庭での権力と地位に関して姑からの制約を受けていた。しかし、本研究の観察でもわかるように、中国人女性が嫁いできた日本の家庭の中でも核家族が多数を占めるようになっている。ここから、日本の農村の家庭でも、「友愛の家庭」という性質が表れるようになっていると考えられる。近代の日本の家族は直接の生産機能とともに、再生産機能を持ち続けているので、「制度的家族」および「友愛的家族」の両方の性質を持っている[13]。核家族は夫婦の相互協力と相互愛に基づいて構成された家族であるため、夫婦関係が家庭関係の主軸になるとともに、夫婦間の感情のむつまじさは家庭関係を評価するための重要な標準となっていると言えよう。

............................


二、親密性のある日本人夫と中国人妻

(一)愛情による結婚国際結婚に関する大部分の研究は、「お金と容姿の取引」という前提から抜け出すことができておらず、身体的資源と経済利益の交換ばかりが強調され、女性の婚姻移民が国際結婚を選ぶのは感情的な考えによるものではないとされてきた。しかし、肖索未が述べるように、「感情」と「経済」は、対立する関係ではない[16]。配偶者選択の基準は外見、性格、経済力などの総合力をみるようになった(郝洪芳,2014:184)。

本研究では、中国人妻と日本人夫の結婚経路を仲介結婚と恋愛結婚の 2 つに分けた。中国人妻の中には、日本で研修生として働いていた時期に日本人夫に出会った人もいるが、中国での国際結婚の仲介によって、日本人夫と知り合ったケースも多いからである。

恋愛結婚の場合、多くの中国人女性は、仕事やインターネット上で夫と知り合って、しばらく付き合ってから結婚することになる。中国人妻へのインタビューによると、彼女たちは、結婚前には、日本で知り合いもおらず、友人も親族もなく、簡単でつまらない仕事をしてばかりいて、日本社会との接点が乏しい傾向にあったようである。また、彼女たちの多くは、中国で結婚に失敗した経験があったり、安定した仕事や住居がなかったりしたという。彼女らの話では、「自分は家のない人だ」という言葉が使われていた。そのような状況の中で、日本人夫と付き合い、日本人夫への帰属感を持つようになったと気づいたので、結婚することとなったと話している。例として、以下に B さんの事例を挙げる。

表 1-2 夫婦関係の満足度(妻の回答)

表 1-2 夫婦関係の満足度(妻の回答)

...........................


第二章 日本在住の中国人妻の生活空間


一、親子中心主義の国際結婚

夫婦関係は、家庭の基本構造、すなわち三角形の構造をしており、ひとつの頂点が他のふたつの頂点と辺で結ばれていない場合、その男女は実質的には夫婦関係に達しておらず、子供の出生によって夫婦関係が完成すると考えられている(費親通:2011)。このように、子供が生まれることによって、中国人妻と日本人夫の夫婦関係は確立したものとなる。中国人妻にとっても、自分と血縁関係のある子供が生まれると、家への帰属感が強くなるのだと考えられる。このように、子供の誕生は、夫婦の生活家庭の中で重要な絆となり、支えとなるものであるため、子供と母の親密な関係は、中国人妻の生活家庭において重要な関係であると言える。

「日本の生活に適応したのはいつですか」と聞くと、ほとんどの中国人妻は、子供が生まれてから三、四年後だったと答えている。例えば A さんは、「夫と喧嘩したときに、子供がいなかったら、とっくに離婚していた」と言うことがしばしばあった。また、日本人夫との子供がいないBさんは、日本の家庭への帰属意識が弱いという。子供ができれば、日本での生活空間もほぼ確立されるということであろう。中国人妻は、育児を通じて「周縁の人」から「家庭の女性主人」へと身分転換を実現し、生活中の主導権を勝ち取るのである。ここで重要なのは、中国人妻にとって日本で一番親しい人は、自分の子供であるという点である。この点に関して、F さんと B さんが以下のように語っている。

......................


二、在日中国人ネットワークへの頼り

実家からのサポートが足りない中国人妻にとって、核家族を構築する過程は更に苦しくなり、そのような中国人妻は、実家に代わるサポートを求めている。日本では、そのようなサポートの代论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/2 页首页上一页12下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非