英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

变译论视角下汉语软新闻的日译-以人民网日文版“中日对译”为例

论文作者:留学生论文论文属性:硕士毕业论文 thesis登出时间:2021-02-24编辑:vicky点击率:334

论文字数:26522论文编号:org202102040701054321语种:日语 Japanese地区:中国价格:$ 66

关键词:日语论文选题变译论软新闻日译研究软新闻翻译方法

摘要:本文是一篇日语论文选题,在本论文中,首先从黄忠廉(2001年)提出的变译论的观点出发,从人民网日语版《中日对译》开始探讨变译论中的“增”“减”“篇”的应用例子(共计118例),

本文以中文软件新闻的和译中的“增”“减”“编”的变译手段的应用的适当性,每一种变换论的方法,验证了在软件新闻的和译中变换论的指导作用。另一方面,通过改变视点,作为本论文的原创部分,针对软件新闻的单词水平和语法水平,重新整理了在专业用语、流行语、金额表现以及语序调整等相关用例的和译中的变译论的应用。经过研究,得出了以下结论。第一,从变换论的效果和软件新闻的变换可能性等观点来看,在中文软件新闻的和译实践中,有可能应用翻译论和必要性。第二,在软件新闻的和译中,虽然采用了变译论中的“增”、“减”、“篇”三种变换手段,但其中最常用的是“增”(36.44%),“篇”(33.05%)和“减”(11.86%)。


第一章 序論


1.1 本論文の構成

本論文は六つの部分に分けて考察する。第一部分では、本論文の研究背景、目的及び先行研究を紹介する。第二部分では、主に「変訳論」という指導理論の概要、変訳の本質と価値、七つの変訳手段などを述べる。第三部分では、ソフトニュースの定義、特徴、ソフトニュース翻訳における「変訳」根拠およびソフトニュース翻訳における変訳の特効を紹介する。第四部分では、人民網日本語版「中日対訳」から選び出したソフトニュースの和訳実例を分析することにより、中国語ソフトニュースの和訳における「増」「減」「編」という三つの変訳手段の応用をそれぞれ検討する。第五部分では、単語レベルと文法レベルから、専門用語、流行語、語順調整などに関わる用例の和訳における変訳論の応用を再整理し、ソフトニュースに適した和訳方法を取りまとめる。第六部分は本論文の結論である。

....................


1.2 本論文の目的

変訳論は実用的な理論として、中国語ソフトニュースの和訳に用いることができる。多くの研究者は既にソフトニュース翻訳に関する研究を行っているが、主に機能主義理論、関連理論、目的論など国外の翻訳理論の元で研究を行っており、変訳論の指導でソフトニュース翻訳を研究する方がまだ少ない。従って本論文では、変訳論の応用手段ごとに中国語ソフトニュースの和訳を考察した上で、視点を変えることによって、単語レベルと文法レベルごとに、ソフトニュース翻訳における変訳論の実用性を検討し、ソフトニュース翻訳に適した翻訳方法を取りまとめようとする。ソフトニュースと変訳論を細かく分析することにより、変訳論が中国語ソフトニュースの和訳に対する実用可能性と必要性を証明し、従来字幕、旅行テキスト、対外宣伝資料などの分野に多用されてきた変訳論の応用範囲を拡大すると同時に、ソフトニュース翻訳に理論的な枠組みを提供することに力を入れている。一方、ソフトニュースに関する具体的な翻訳実例を分析し、ソフトニュース翻訳に適用されている変訳手段を取り上げ、そしてその翻訳方法を取りまとめることによって、ソフトニュース翻訳の訳者に何らかの参考とヒントを見出すことが期待できる。

........................


第二章 変訳論について


2.1 変訳論の概要

変訳論は、黄忠廉が厳復の翻訳理論に関する研究から始まり、そして国内外の翻訳実情に基づき、20 世紀末に総括して出した新たな翻訳理論である。変訳論とは、変訳活動から要約した変訳の本質と準則を反映する科学的な原則とイデオロギーである。この翻訳理論は、変訳現象を研究対象とし、変訳の過程における一般の特徴と準則を研究することによって、あらゆる変訳方法に適用可能な一般の原則と方法を求め、つまり、変訳の本質、特性、必然の繋がり、応用準則などに関する理論的な認識とシステムである。その他、一つの理論として、変訳理論は実証された知識であり、歴史と時代の産物であり、変訳に関する経験への総括でもあり、一連の概念と判断で構成された厳密で論理的なシステムでもある。

表 4-1 ソフトニュースの翻訳実例から見た変訳手段の使用頻度

.....................


2.2 変訳の本質

時代のニード、言語特性の違い、および異なる文化的背景などの要素により、翻訳された作品は、原作に反映された文化的背景、作品の意義などと完全に一致することができず、多かれ少なかれ異なるところがある。ここで言う「変訳」は「全訳」と相対する概念であり、変訳の過程において伝達情報を減らし、原作の形式とスタイルを大きく変化させる。ただ、変訳した結果、伝達情報が集中され、言語表現と形式も簡潔になり、基本的な内容も保たれるから、変訳が全訳の「異化」と言える。またある意味で、変訳は読者のニーズに応じて原作を部分的に否定するプロセスでもある。それで以上をまとめると、変訳の本質は原作を全部翻訳することではなく、原作の内容、形式およびスタイルを変えること、簡単に言えば「変」という言葉である。つまり、変訳とは、特定の条件下で特定の読者の特別なニーズに応じ、訳者は増 減 編 述 縮 弁 改などの変訳手段をもって原文の関連内容を吸収する翻訳活動である。

変訳を上手く応用するには、まず様々な情報を要約した上で変訳できるかいなかを判断し、また変訳の内容と形式を選択し、そして変訳のタイミングとやり方を把握しなければならない。従って、変訳とは、勝手にするのではなく、特定の条件で特定の読者の特別なニーズに応えるために原作への柔軟な変更である。変訳手段を決める主な根拠は原作の内容と形式における変更である。黄忠廉によると、変訳論には増、減、編、述、縮、弁、改という七つの手段がある。

..........................


第三章 ソフトニュースについて.............................12

3.1 ソフトニュースの特徴......................12

3.2 ソフトニュース翻訳における変訳の必要性......................13

第四章 変訳論から見たソフトニュースの和訳.........................16

4.1 研究対象について...............................16

4.2 訳文を完全にする「増」.........................17

第五章 ソフトニュースの単語、文法レベルにおける変訳論の応用............... 32

5.1 単語レベルの翻訳方法........................32

5.1.1 専門用語に関する翻訳方法.....................32

5.1.2 流行語と熟語に関する翻訳方法.......................33


第五章 ソフトニュースの単語、文法レベルにおける変訳論の応用


5.1 単語レベルの翻訳方法

5.1.1 専門用語に関する翻訳方法

中国語のソフトニュースには、以下の下線部「中欧班列」と「抖音、快手」のような専門用語がよく出てくる。これらの専門用語はいずれも一定の文化的背景のもとで生まれたものであり、日本語ではそれなりの表現を見つけることができない。论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/2 页首页上一页12下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非