英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

日本的猫

论文作者:www.51lunwen.org论文属性:作业 Assignment登出时间:2014-06-03编辑:lzm点击率:7085

论文字数:8086论文编号:org201406031455472059语种:日语 Japanese地区:中国价格:免费论文

关键词:日本的猫日本の猫生活における「猫」著名な猫「猫」を主題とする小説

摘要:猫在日本十分受欢迎。日本的猫在《日本灵异记》、《枕草子》、《源氏物语》上就已出现。根据时代的不同,有着不同的故事。经过很长一段时间,形成了现在独特的“猫文化”。“以猫又为代表的日本的传说”以及“以黑猫为代表的日本猫的迷信思想”一直流传至今。

日本の猫
目次
摘要
要旨
1.0はじめに
2.0先行研究
3.0日本の「猫」に関する紹介
3.1日本の「猫」の特徴
3.2日本の「猫」の歴史
3.3日本の「猫」の伝説
3.4日本の「猫」の俗信
4.0日本の「猫文化」に関する绍介
4.1生活における「猫」
4.1.1「招き猫」
4.1.2「猫カフェ」
4.1.3「著名な猫」
4.2言語における「猫」
4.3文学における「猫」
4.3.1「猫」を主題とする小説
4.3.2「猫」を主題とする動画
4.3.3「猫」を主題とするキャラクター群
5.0「猫」と「犬」の違い
6.0終わりに
参考文献
要旨
猫は日本において大変な人気がある。日本猫は、『日本霊異記』や、『枕草子』や『源氏物語』などの文献にもう登場した。時代によると、様々の物語がある。長い時間を経って、今の特別な「猫の文化」になった。「猫又を代表する日本猫の伝説」と「黒猫を代表する日本猫の俗信」が今日までずっと広く伝わっている。「招き猫」、「猫カフェ」など生活における「猫」が現代に非常に流行っている。「猫」を主題とする小説、動画、キャラクター群について色々な代表作品がある。『吾輩は猫である』、『猫の恩返し』、『ドラえもん』、『ハローキティ』はすべて世界において有名である。また、猫と犬がベッドとして、様々の違いがある。
キーワ-ド:日本 文化 猫 歴史 生活
摘要
猫在日本十分受欢迎。日本的猫在《日本灵异记》、《枕草子》、《源氏物语》上就已出现。根据时代的不同,有着不同的故事。经过很长一段时间,形成了现在独特的“猫文化”。“以猫又为代表的日本的传说”以及“以黑猫为代表的日本猫的迷信思想”一直流传至今。“招财猫”、“猫咖啡店”等关于生活方面的猫现在十分流行。关于以猫为主题的小说、动画、角色群,也有很多的代表作品。《我是猫》、《猫的报恩》、《哆啦A梦》、《HELLO KITTY》在世界范围内都非常的有名。还有,作为宠物,猫和狗有很大的差别。
关键词:日本 文化 猫 历史 生活
1.0 はじめに
猫は、世界中で広く飼われているネコ目(食肉目)の小型動物である。猫の起源は、ネズミを捕獲させる目的で飼われ始めた(狭義の)ヤマネコの家畜化であり、分類学上はヤマネコの1亜種とされる。人によくなつくため、多くが愛玩用のペットとして飼育されている。
日本猫は日本人に長く親しまれている日本特有の猫である。自分の文化を持って、長い時間を経って、今の特別の「猫」と「猫の文化」になった。
2.0 先行研究 
猫は死を悟ると死に場所を求めて姿を消すと言われるが、実際には猫には「死」という抽象的概念を認識することは出来ないと考えられる。体調が悪化したり、致命的な傷を負ったときなどは、本能的な防御反応として危険な場所から移動して安全な場所に身を隠そうとし、場合によってはそのまま死んでしまうと考えられている。一般に猫は自分の弱った姿を飼い主や仲間に見せることはない。これは本能的に猫は弱った姿を見せると仲間からいじめられることを知っており、死に場所にたどりつくまで元気な姿を演じるからである。したがって人間は街中で弱りきった猫の姿を見る機会は少なくなる。
しかし、飼い主への依存度の高い猫の場合、心細くなって主の近くに寄ってくる、あるいは、近くにいてくれるよう求め、結果的に飼い主の目の前で死ぬことになる。
3.0 日本の「猫」に関する紹介
3.1 日本の「猫」の特徴
顔は鼻筋が通り、耳の毛は短い。全身の毛はそれほど長くない。尾は細長いものと極端に短いものがあるが、細長くても先だけが折れ曲がっているものもある。尾の短いものは尾骨が複雑に折れ曲がっていることが多いが、毛に覆われているために外見上は単純な切り株状に見える。短尾の猫は、世界的には比較的珍しく、日本猫の特徴の1つとなっている。毛並みの美しさには定評があるが、またその色分けも外国人から珍しがられている。白・黒の一色、濃淡帯状の縞模様、白地に黒ぶちや茶ぶち、そして三毛猫と呼ばれる白・茶・黒の三色に色分けされているものなどがいる。縞模様の猫はトラネコと呼ばれ、茶縞のものをチャトラ、こげ茶縞のものをキジトラ、灰色縞のものをサバトラと特に分けて呼ぶ場合もある。また三毛猫とサビ猫はほぼ全てがメスである。
3.2 日本の「猫」の歴史
日本において猫が考古学上の登場は、読売新聞(2008年06月22日)の記事によると、長崎県壱岐市勝本町の弥生時代の遺跡カラカミ遺跡より出土された、紀元前1世紀の大腿骨など12点である。当時の壱岐にヤマネコがいた形跡がないことや現在のイエネコの骨格と酷似しているため断定された。文献に登場するのは、『日本霊異記』に、705年(慶雲2年)に豊前国(福岡県東部)の膳臣広国が、死後、猫に転生し、息子に飼われたとあるのが最初である。
愛玩動物として飼われるようになったのは、『枕草子』や『源氏物語』にも登場する平安時代からとされ、宇多天皇の日記である『寛平御記』(889年〈寛平元年〉)2月6日条には、宇多天皇が父の光孝天皇より譲られた黒猫を飼っていた、という記述がある。奈良時代頃に、経典などをネズミの害から守るためのネコが中国から輸入され、鎌倉時代には金沢文庫が、南宋から輸入したネコによって典籍をネズミから守っていたと伝えられている。『日本釋名』では、ネズミを好むの意でネコの名となったとされ、『本草和名』では、古名を「禰古末(ネコマ)」とすることから、「鼠子(ねこ=ネズミ)待ち」の略であるとも推定される。他の説として「ネコ」は眠りを好むことから「寝子」、また虎に似ていることから「如虎(にょこ)」が語源という解釈もある。このように、蓄えられた穀物や織物用の蚕を喰うネズミを駆除する益獣として古代から農家に親しまれていたとおぼしく、ヘビ、オオカミ、キツネなどとともに、豊穣や富のシンボルとして扱われていた。
ただし日本に伝来してから長きにわたって猫は貴重な愛玩動物扱いであり、鼠害防止の益獣としての使用は限定された。貴重な猫を失わないために首輪につないで飼っている家庭が多かったため、豊臣秀吉はわざわざネコをつなぐことを禁止したという逸話がある。ただしその禁令はかなりの効果があり、鼠害が激減したと言われる。
江戸時代には、本物の猫が貴重であるため、ネズミを駆除するための呪具として、猫絵を描いて養蚕農家に売り歩く者もいた。絵に描かれた猫が古寺で大ネズミに襲われた主人の命を救う『猫寺』は、猫の効用を説く猫絵師などが深く関わって流布した説話であると考えられている。猫の穀物霊としての特質は時代を追って失われ、わずかに『今昔物語』「加賀国の蛇と蜈蚣と争ふ島にいける人 蛇を助けて島に住みし話」における「猫の島」や、猫が人々を病から救う薬師になったと語る『猫薬師』に、その性格が見えるのみである。
日本の平安時代には位階を授けられた猫もいた。『枕草子』第六段「上にさぶらふ御猫」によると、一条天皇と定子は非常な愛猫家で、愛猫に「命婦のおとど」と名付け位階を与えていた。ある日このネコが翁丸というイヌに追いかけられ天皇の懐に逃げ込み、怒った天皇は翁丸に折檻を加えさせた上で島流しにするが、翁丸はボロボロになった姿で再び朝廷に舞い戻ってきて、人々はそのけなげさに涙し、天皇も深く感動した、という話である。猫に位階を与えたのは、従五位下以上でなければ昇殿が許されないためであるとされ、「命婦のおとど」の「命婦」には「五位以上の女官」という意味がある。
3.3 日本の「猫」の伝説
昔から日本では、猫が50に年を论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/3 页首页上一页123下一页尾页

相关文章

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非