英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

松本清张的美意识论—以《某<小仓日记>传》和《点与线》为中心

论文作者:留学生论文论文属性:硕士毕业论文 dissertation登出时间:2021-08-29编辑:vicky点击率:194

论文字数:24544论文编号:org202108250750489346语种:日语 Japanese地区:中国价格:$ 44

关键词:日本文学论文

摘要:本文是一篇日本文学论文,本论文在厘清日本传统美意识的基本脉络基础上,着重分析了松本清张的美意识的形成轨迹及其作品中或隐或显的日本美意识。

本文首先从生产的背景、发展轨迹和近代以后的理论构筑等方面总结了日本传统意识中的“物哀”、“幽玄”、“寂”三个美学概念。具体地说,“物哀”和“物哀”在对一切事物包含同情、爱慕、可怜、亲情和有趣等积极感情的同时,也表现出哀伤、寂寥、悲哀等消极情绪。中世纪形成的“幽玄”的概念中,有着余情、朦胧性、寂静的性格锈这一美学概念有“寂寥”、“宿”、“老”、“古”、“然带”三个意思。这三个概念既有积极的意思也有消极的意思,所以最终什么传达给对方,被认为是由对方的主观感情决定的。


1日本の伝統的な美意識


1.1「あはれ」の概念

日本列島には古くから自然災害が頻発している。このような自然環境に生きている日本人は「あはれ」意識を生み出した。古代の神話、伝説と歌謡等の口承文学から、8 世紀以来の『古事記』と『日本書記』及び最初の和歌集『万葉集』などの作品から「あはれ」という美意識の芽生えを見られる。「あ」と「はれ」とは、われわれがものごとに接して感動し、思わず口に出た言葉だと言われる。口承文学時代に「あはれ」は感嘆語であって、哀愁と喜楽との意味を含んで、歌謡に表れたのである。『万葉集』における「あはれ」は歌人の感情をもとに、繊細で哀愁の意味を表すためによく使われた。

その後、仏教は日本に伝来してから、その無常観と厭世観の影響で、元来の「あはれ」から悲しい感情を表す「あはれ」へ変化しつつある。仏教の悲観主義が「あはれ」の繊細な感動と結び付けたので、「あはれ」に悲しかったり、寂しかったりする気持ちが滲み込んだ。そして、「あはれ」は日本人の生死観に大きな影響を及ぼした。瞬間美、美しい刹那で永遠を求めて死滅が美の最高の境界で美の極致であるようになっている。

平安時代に至って、『源氏物語』を代表とする王朝物語において、「あはれ」を中心とする「もののあはれ」が形成した。『古事記』、『日本書紀』と『万葉集』における「あはれ」が、物事に対する素朴で奥深い感情を基にしている素直な感動である。「もののあはれ」という理念は「あはれ」から、悲哀、愛憐、同情等の意味を含む感動に変わった。平安時代の物語文学は日本文学史で新しいジャンルの出現だけでなく、民族性の美意識-「もののあはれ」の確立をも意味している。「もののあはれ」の中身は人間と自然物だけでなく、世の中の全体を指す。長い時間を経て、次第に形成された「もののあはれ」という美意識が他の美の形態より先に存在する。したがって、平安時代の「もののあはれ」が日本の美意識の源であって、日本人の感情基調でもある。

松本清張の美意識論-『或る「小倉日記」伝』と『点と線』を中心に

松本清張の美意識論-『或る「小倉日記」伝』と『点と線』を中心に

............................


1.2 「幽玄」と「陰翳

幽玄が最初に最澄の『一心金剛戒体決』という仏典に見られ、次は『古今和歌集』の真名序に使われた。その頃、幽玄の意味は余情を伴って、朦朧性と寂の性格である。長い時間をかけて、12 世紀まで、藤原俊成と藤原定家をはじめ、幽玄と言う概念を歌論に用いられた。俊成は幽玄の意味を複雑になって、古代の幽玄に基づいて、艶も帯びて、余情的幽玄になった。そして、定家は幽玄と「心あり」と結びつけ、有心と余情妖艶が帯びてきた幽玄になった。

定家以後、幽玄については、前代より新しい思想が見られない

江戸時代に入ってから、幽玄という言葉が殆ど使われなくなった。谷崎潤一郎は日本人、特別近世以降の日本人の暗さ、曖昧さ、神秘主義への追求と好みを「陰翳」と名付けている。

『陰翳礼讃』においては谷崎は幽玄の視点から、日本生活の各方面と結びついて分析を行った

谷崎は日本の建築の中で、一番風流に出来ているのが厠だと述べる。

「日本の厠は実に精神が安まるように出来ている。それらは必ず母屋から離れて、青葉の匂いや苔の匂いのして来るような植え込みの陰に設けてあり、廊下を伝わって行くのであるが、そのうすぐらい光線の中にうずくまって、ほんのり明るい障子の反射を受けながら瞑想の耽り、または窓外の庭の景色を眺める気持ちは、何ともいえない。誠に厠は虫の音によく、鳥の声によく、月夜にもまたふさわしく、四季おりおりの物のあはれを味わうのに最も適した場所であって、恐らく古来の俳人はここから無数の題材を得ているであろう。」[9]と述べた。総じて、もやもやとした薄暗がりの光線で包んで、どこから清浄になり、どこから不浄なるとも、けじめを朦朧とぼかしておいた方がよい。

...........................


2 松本清張の生涯


2.1 前半生の経歴

松本清張の父親、松本峯太郎は、生まれるとすぐ事情があって、松本米子とカネ夫婦のところに養子にやられた。峯太郎の母親は、同郡霞というところにある福田家から日野郡に来ていた。日野で長男峯太郎を産んでのだが、いかなる理由からか、母親は田中家から一時離縁されている。そして、峯太郎を松本家に養子に出した後復縁し、つづいて二人の男子を産んでいる。

米子に貰われていた峯太郎が、子どもの頃、田中家にたびたび帰っていたことことである。いつの間にか行かなかった、なぜ行かなくなったか。多分、田中家のほうで峯太郎を忌避したのか、或いは子ども心にも峯太郎が暗い出生の事情を察して足を踏み入れなくなったのか、その辺のところも分からない。松本清張はこの分からない理由に想像をつけばいろいろと考えるところだ。田中家の次子を失い、三男の嘉三郎が育った。田中家は裕福で、嘉三郎は広島の高等師範学校を卒業し、学習研究社や旺文社のような、受験雑誌の出版社に入って、辞書その他の編集の才能を買われ、重役になって死んだが、その遺族は現在杉並にいる。

峯太郎にはこの二人の弟と遊んだ記憶があるらしい。弟と違っている生活をし、こんな鮮やかなコントラストが、彼の志が尽きないと感じさせた。峯太郎の一生は捨てられた気持ちで過ごした。松本清張は「村の中を日野川が流れているが、父の思い出話中には、必ずこの川の名を出てくる。」[13]と書いた。

父親が影響を与えられるかもしれないが、松本清張は作品に中で、峯太郎が捨てられたことを何度も書いた。「父の故郷」で「父が養子にやられたのは、そのためだろうが、その辺の詳しい事情は分からない。何か暗い気持ちがする。」[14]、「臭う町」で「父はある程度の常識もあって、運がよかったら、或いはかなりの地位まで行けた人ではないかと思う。・・・(中略)父がうまれてすぐ貧乏な他家に養子にやられた運命も入っている。父の生家の田中家では、三男の嘉三郎というのが跡を取り、父との文通はあまりなかったようである。

.........................


2.2 松本清張の生涯と文学の創作

作家の人生経歴がしばしば自らの文学創作に投影されると言われている。松本清張の作品の中でその前半生の経歴から影響を受けたものが多いのである。清張の経歴は小説の重要な素材とし、小説の人物を作り上げることにも重要な役割を果たしている。その経歴は、辛くて寂しい気分に満ちて、作中人物の言動、ス论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/2 页首页上一页12下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非