英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

日本における楊貴妃像の変遷――文学作品を中心に

论文作者:留学生论文论文属性:硕士毕业论文 thesis登出时间:2021-07-16编辑:vicky点击率:535

论文字数:34955论文编号:org202107120909278157语种:日语 Japanese地区:中国价格:$ 66

关键词:日本文学论文杨贵妃形象文学

摘要:本文是一篇日本文学论文,由于字数限制,中国文学作品中关于杨贵妃像围绕白居易的《长恨歌》展开,所以没有提及当时李白杜甫等描写杨贵妃的诗和后世名作《梅妃传》、《梧桐雨》、《长生殿》等相关作品我想作为今后的题材进行研究。另外,在日本方面,以官方相关资料为中心分析了当时的文学作品,缺乏民间的解释。比如说,中世纪对杨贵妃有很多批判的声音,但民间对杨贵妃的评价还不清楚。

笔者认为《长恨歌》正因为包含了感伤性,所以在当时的中国民间在妓女中广为流传。但是,这是民间的评价,毕竟不能代表主流思想。在中国,文学作品有从政治方面解释的倾向,像《资治通鉴》那样,把历史作为镜子,对政治有帮助。在这个背景下,对于《长恨歌》中出现的杨贵妃,自古以来基本上都是以“后妃之德”、“三纲五常”、“名君”等儒教思想的统治来接受的,所以她一直给人“女祸”、“尤物”、“倾城倾国的美女”的印象。


第一章 中国における楊貴妃と玄宗のイメージ


1.1 中国歴史資料における楊貴妃像

719 年、すなわち唐の玄宗皇帝の開元7年、楊玉環(楊貴妃の幼名)が生まれた。玄宗はこの時 35 歳である。彼は即位して 7 年間、名君として「開元 天宝の治」といった盛唐を作った。同時期の日本は奈良時代である。

『旧唐書』①には「妃早孤」(妃早ク孤トナル)と記している。楊玉環の父は楊玄琰であり、蜀州(今の四川省)の司戸をやっているが、彼女が小さい頃この父も母も亡くなったのである。後は叔父の楊玄璬に引き取られることになった。『新唐書』②には、「楊貴妃ハ隋ノ梁郡ノ通守タル汪ノ四世ノ孫ナリ。籍ヲ蒲州二徙シ、遂二永楽ノ人トナル」と貴妃の本籍地が蒲州である(現在の山西省にある。)と書いている。玉環は蜀地で生まれ育ってきたので、茘枝という南国の果物が好きであったという説もある。これについて『新唐書』には「妃ハ茘枝ヲ嗜ミ必ズ生ノママ之ヲ致サシメン欲ス。①」と記載している。

玉環は成長していくうちに、絶世の美貌といわれ誉が高く、髪が黒くて雲のようで、皮膚が白くて雪のようであるなど彼女の美しさを描写する詩句が言い切れないほど多い。735 年(開元 23 年)、17 歳の楊玉環が寿王(生母は武恵妃)の妃となった。後の 737 年、宮廷や朝廷の戦いを経た武恵妃は病没し、寿王もそれにより宮中の地位を失った。この時、玄宗は「佳麗三千」を持っても、寵愛の皇后王氏や武恵妃を失ったため、心の中に空虚なるものを感じていた。そして、740 年(開元 28 年)、22 歳の楊玉環が温泉宮に召された。この時の玄宗は 56 歳で、二人の年齢差は 24 である。『新唐書』には、それについて「十月甲子、温泉宮二幸ス。寿王ノ妃楊氏ヲ以ッテ道士トナシ、太真ト号セシム。②」と記している。息子の妃を奪うという世論に憚って、高力士(玄宗のそばに仕える宦官)は玉環を太真と名を改めて女道士にして世俗から縁を切らせることを玄宗にすすめた。5 年後の 745 年(天宝 4)8 月に貴妃の称号を賜って初めて地位が定まった。

.......................


1.2 『白氏文集』における楊貴妃像

1.2.1 『長恨歌』における楊貴妃像

倪美鈴(2005)③は唐の玄宗と楊貴妃とのラブストーリーは歴史上には確かにあったが、文学作品に出てきたイメージが典型的になったのは白居易の『長恨歌』、陳鴻の『長恨歌伝』から始まったと述べている。こういった説は学界における定説でもある。このような状況は中国だけではなく、日本でも同じである。白居易の影響を深く受けていた日本の文学作品に出てきた楊貴妃物語には『長恨歌』との対応がしばしば見つけることができる。例えば、世界最古の長編小説『源氏物語』、ほかには『平家物語』、『太平記』などがあげられる。そこで、文学作品に描かれる楊貴妃像を分析するためにまずこの両作品に出てきた楊貴妃像を研究しなければならないと筆者は考えている。しかし、この両作品の主題論についてやや異なるのは学界では『長恨歌伝』の主題論が諷諭であるということが一致する一方、『長恨歌』のほうが詩歌として相当流布しているにも関わらずテーマをめぐって展開された議論が長年にわたっているということである。本論文では『長恨歌伝』はともかく、とりあえず『長恨歌』を中心にして分析していきたいと考えている。

蹇長春(1991)は歴史の流れをたどって『長恨歌』の主題論について以下のように述べている。

『長恨歌』が作られてきて以来、長い封建社会の中で流布しているうちにどのような実際な社会効果を収めても、士大夫の階級では諷諭という主題がずっと主導的な地位を占めている…1929 年兪平伯の「隠事」説が出て以来、『長恨歌』の主題思想について五種類の考え方が取り上げられた。①兪平伯の「隠事」説。②陳寅恪を代表とする諷諭説。③馬茂元を代表とする愛情説。④王運熙を代表とする二重主題説。⑤最近出てきた陳允吉を代表とする感傷説。

.....................


第二章 日本各時代における楊貴妃のイメージ


2.1 中古

2.1.1 平安時代――「源氏物語」

日本では平安時代に入って以来、遣唐使を廃止し、中国文化の接収を停止する背景の下で、特有の国風文学が生まれた。そして、藤原摂関家が政治経済の実権を握るということによって、外戚を中心とした貴族たちが文学の享受層になった。その中で『源氏物語』『枕草子』『蜻蛉日記』『和泉式部日記』など女流作家によって書かれた物語、随筆、日記などは平安時代における文学作品の最も注目すべき特徴である。当然、遣唐使が廃止されたといっても、日本では中国文化の影響が一切切れたというわけではない。白居易の文学作品が浸透している平安文学では『長恨歌』を代表とする白詩の姿がよく見え、楊貴妃物語がそれによって日本人に知られ本国の文学作品に豊かな素材を提供した。では、次に『源氏物語』に現れた楊貴妃像を見てみよう。

易蘭(2011)①によると、『源氏物語』に影響を与える白詩の中で、『長恨歌』が一番多く出てくるそうである。その中で、第一章の「桐壺」が最も目立っており、楊貴妃と玄宗の物語が直接引用されている。本論文ではこの章を主としてその中の楊貴妃像を分析してみる。「桐壺」の書き出しでは桐壺帝が更衣のことを寵愛するということを語るとき、玄宗と楊貴妃のことを例として挙げている。

唐の国でもこの種類の寵姫、楊家の女の出現によって乱が醸されたなどと蔭では言われる。今やこの女性が一天下の煩いだとされるに至った。馬嵬の駅がいつ再現されるかもしれぬ。②

一見すると『源氏物語』では楊貴妃が天子の寵愛を受けすぎて、天下の乱を招く「女禍」という存在であるので、作者の紫式部は唐の国の安史の乱を例にして桐壺帝が更衣に溺れては戦乱がいつか起こるかもしれないと桐壺帝の行為を批判しているようである。この部分に対して中村進(1991)は源氏末尾の好色への諷諭は、すでに冒頭から始められているのであり、こうした反措定から逆に重みをましてくる……よってその示唆を読者に与えようとする①と述べている。彼はここで出現する楊貴妃物語は天子を戒めるためのものであるとする。

日本における楊貴妃像の変遷――文学作品を中心に

日本における楊貴妃像の変遷――文学作品を中心に

.....................


2.2 中世

2.2.1『平家物語』『太平記』

源頼朝が鎌倉に幕府を開き、征夷大将軍に任ぜられた建久 3 年(1192)から、慶長 8 年(1603)徳川家康が江戸论文英语论文网提供整理,提供论文代写英语论文代写代写论文代写英语论文代写留学生论文代写英文论文留学生论文代写相关核心关键词搜索。

共 1/3 页首页上一页123下一页尾页

英国英国 澳大利亚澳大利亚 美国美国 加拿大加拿大 新西兰新西兰 新加坡新加坡 香港香港 日本日本 韩国韩国 法国法国 德国德国 爱尔兰爱尔兰 瑞士瑞士 荷兰荷兰 俄罗斯俄罗斯 西班牙西班牙 马来西亚马来西亚 南非南非