英语论文网

留学生硕士论文 英国论文 日语论文 澳洲论文 Turnitin剽窃检测 英语论文发表 留学中国 欧美文学特区 论文寄售中心 论文翻译中心

Bussiness ManagementMBAstrategyHuman ResourceMarketingHospitalityE-commerceInternational Tradingproject managementmedia managementLogisticsFinanceAccountingadvertisingLawBusiness LawEducationEconomicsBusiness Reportbusiness planresearch proposal

英语论文题目英语教学英语论文商务英语英语论文格式商务英语翻译广告英语商务英语商务英语教学英语翻译论文英美文学英语语言学文化交流中西方文化差异英语论文范文英语论文开题报告初中英语教学英语论文文献综述英语论文参考文献

ResumeRecommendation LetterMotivation LetterPSapplication letterMBA essayBusiness Letteradmission letter Offer letter

澳大利亚论文英国论文加拿大论文芬兰论文瑞典论文澳洲论文新西兰论文法国论文香港论文挪威论文美国论文泰国论文马来西亚论文台湾论文新加坡论文荷兰论文南非论文西班牙论文爱尔兰论文

小学英语教学初中英语教学英语语法高中英语教学大学英语教学听力口语英语阅读英语词汇学英语素质教育英语教育毕业英语教学法

英语论文开题报告英语毕业论文写作指导英语论文写作笔记handbook英语论文提纲英语论文参考文献英语论文文献综述Research Proposal代写留学论文代写留学作业代写Essay论文英语摘要英语论文任务书英语论文格式专业名词turnitin抄袭检查

temcet听力雅思考试托福考试GMATGRE职称英语理工卫生职称英语综合职称英语职称英语

经贸英语论文题目旅游英语论文题目大学英语论文题目中学英语论文题目小学英语论文题目英语文学论文题目英语教学论文题目英语语言学论文题目委婉语论文题目商务英语论文题目最新英语论文题目英语翻译论文题目英语跨文化论文题目

日本文学日本语言学商务日语日本历史日本经济怎样写日语论文日语论文写作格式日语教学日本社会文化日语开题报告日语论文选题

职称英语理工完形填空历年试题模拟试题补全短文概括大意词汇指导阅读理解例题习题卫生职称英语词汇指导完形填空概括大意历年试题阅读理解补全短文模拟试题例题习题综合职称英语完形填空历年试题模拟试题例题习题词汇指导阅读理解补全短文概括大意

商务英语翻译论文广告英语商务英语商务英语教学

无忧论文网

联系方式

记纪神话中的婚姻形态与习俗

论文作者:留学生论文论文属性:硕士毕业论文 dissertation登出时间:2021-08-28编辑:vicky点击率:165

论文字数:论文编号:org202108250742342709语种:日语 Japanese地区:中国价格:$ 44

关键词:日本社会文化论文

摘要:本文是一篇日本社会文化论文,本论文以记纪神话为对象,对神话中的婚姻形式和习俗进行了整理,探讨了外来思想和原本的宗教思想是如何影响当时的婚姻的。

笔者认为上代的日本没有文字在以从中国引进的汉字记载的记纪中,口语词汇和古代中国的结婚用语有很多重叠在《古事记》《日本书纪》中的婚姻关系用语中,有“美斗能麻具波比、久美度、御合、目合、美刀阿多波志都”、《都麻能美许登》、《合、合、合、合、佐神职》等在达成性关系时的结婚用语很多。


はじめに


1.1 研究の対象

「記紀」とは、一般的には『古事記』と『日本書記』との総称である。『古事記』は、712 年に天武天皇の勅令を受けた太安麻呂によって編纂された、現存する日本最古の典籍であり、天地初発から推古天皇の代に至るまでの史話が記されている。上巻には神代の記事が記述され、中巻には神武天皇から応神天皇にかけての記事が記述され、下巻には仁徳天皇から推古天皇にかけての記事が記述されている。そのうち、上巻と中巻は神代編で、神話的な内容が多く収録されている。

これに対して、『日本書記』は、720 年に舎人親王らが命ぜられ、編纂した正史であり、これもまた六国史の一つである。天地の初判から高天原の広野姫天皇に至るまでの内容が含まれている。全三十巻のうち、第一、二巻は神代篇で、残りの二十八巻は天皇たちの記事が記されている。二つの典籍は史書でありながら、その中に多くの神話が含まれている。それらは一括して記紀神話と呼ばれている。

この記紀神話には、古代日本人の生活習慣や思想観念が多く含まれており、また百余首の文学的な歌謡などが含まれている。民俗学、思想史、文学、神話比較、心理学、考古学などの方面において非常に高い研究価値を持っていると言われている。

...........................


1.2 先行研究

今まで、数多くの中日学者が記紀神話を研究している。

日本の吉田敦彦氏の『日本神話の考古学』では、記紀神話を考古学と神話比較学の視点から読み解いている。氏は記紀神話の原型は当時の支配者が説明しようとした大和朝廷起源の説話であると考えた。記紀神話は 4 世紀から 6 世紀にかけての古墳時代初期の物語をまとめたものである。当時、日本と朝鮮半島は頻繁に接触しており、朝鮮半島はアジア大陸一帯の騎馬遊牧民であったスキタイ人の文化の影響を受けていた。また、そのスキタイ人が古代ギリシャなどと接触したことが記紀神話にも影響を及ぼした。氏は日本に最も大きな影響を与えたのは言うまでもなく中国文化だと考え、特にイザナギとイザナミとの説話や山幸彦と海幸彦との争いなどは、中国南部の説話の影響を受けていると主張している。また、記紀の中心に位置するとされるスサノオと天照大御神の説話も、中国南部の神話の影響を受けた可能性が高いと指摘している。このように、記紀神話の核心的な部分は中国南部の神話の影響を受けていると考えられている。

坂下圭八氏の『日本の神話』では、記紀神話を言語文化学、民俗学、隠喩学などから読み解き、古代日本人の民族性を明らかにしている。氏はイザナギとイザナミの結婚は、古代日本でずっと続いてきた同母兄弟姉妹の独特の愛情を反映していると指摘されている。つまり、二神の兄妹婚は、現実を神話に反映したものである。スサノオと天照大御神の話では、天照大御神はもともと日神の妻の巫女の姿であり、弟スサノオの守護者であったと考えられている。氏はまた八千矛の神の話を例に挙げ、そこに出てくる「神語」ともいえる歌謡の多くが、古代日本の大嘗祭の習俗と密接に結びついていると分析している。

........................



2 記紀神話における表記方式


2.1 記紀神話における婚姻用語

文字や言語は古代の文化を記録する重要な役割を担っており、残された典籍資料から多くの情報を得ることができる。古代の日本語には文字がなく、話し言葉しかなかったので、漢字が入ってくると口語と文語に分かれた。記紀によると、応神天皇の時代(4 世紀末~ 5 世紀初め)に百済の学者である王仁が、当時の天皇に『論語』を 10 巻、『千字文』を 1 巻献上した。それ以来日本の典籍は漢字で記されてきた。しかし、漢字は古代中国の表記方法であり、もともと口頭の言語であり、古代日本の言語のシステムとの間にずれが生じかねない。そこで生まれたのが日本語の要素を取り入れた変体漢文(和化漢文)である。『古事記』がその代表的なものの一つである。


『古事記』の編者安万侶は、その序文に「于焉,惜《舊辭》之誤忤,正《先紀》之謬錯,以和銅四年九月十八日詔臣安萬侶撰錄稗田阿禮所誦之敕語舊辭以獻上者。謹隨詔旨,子細採摭。然上古之時,言意並樸,敷文構句,於字即難。已因訓述者,詞不逮心。全以音連者,事趣更長。是以今或一句之中交用音訓,或一事之內全以訓錄。即辭理叵見,以注明;意況易解,更非注。亦,於姓日下,謂玖沙訶;於名帶字,謂多羅斯。如此之類,隨本不改」と書いた。2この『古事記』の和漢混じりの表記に対して、『日本書記』では歌謡が変体漢文であり、それ以外はすべて漢文で表記されている。いずれの漢字の表記方式においても、本来の日本語と表記された漢字との間には視覚的に同型の漢字であっても意味においてはある程度のずれがある。

図 2

図 2

............................


2.2 記紀神話における婚姻の定義

婚姻に対する定義には、フィンランドの人類学者ヴェストマルクは、慣習や法律によって認められた一人の男あるいは数人の男と一人の女あるいは数人の女との結合の関係であり、婚姻の間に互いが持っていたものと、子供を産むことに対する一定の権利と義務を含むものと指摘されている。氏はまた、男女の間の結合は、慣習や法律規則によって正式な結婚として認められなければならないが、そうの慣習と法律規則との内容は要求されない。婚姻を結ぶことには、一般的に当事者の本人かその父母に認めてもらうという単方的な同意が必要であり、あるいはその父母と本人との両方の承認を得なければならない、と指摘している。22

一方、中国の社会学者である肖萍氏は、婚姻について以下のように定義している。婚姻は男女の双方が慣習と法律の規定に基づいて夫婦になる制度である、婚姻は、個人的に行動した結果として、持続的な性関係と共同生活とに定義できるだとう、と。言い換えれば、社会的生活の一部分としての婚姻は、次のような形態になるのであろう。(1)男女二人が社会的慣習が要請するところの契約関係を結ぶと同時に、その契約関係を達成するプロセスを一つ一つ踏んだ上で共同生活を営みはじめる(当事者にとっての“婚”関係)こと、(2)男女双方ともに、相手の家族成員とある種の特定的な関係を結んでおくこと(当事者の家族にとっての“姻”関係)。したがって、社会生活の中で、婚姻当事者の地位、役割、権利及び義務は、最も本質的で最重要なものであって、性関係や共同生活などは問題としては二の次にすぎない。

図 3

沪ICP备10026080号-1